×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

8日目金曜日、アンマン散策

レンタカーを探して ダウンタウンへ ローマ劇場 昼ごはん アンマン大学へ 晩ご飯

レンタカーを探して

よく寝た。ぐっすり眠れた。結論、ダマスの安宿ベッドは質が悪い。
部屋からは、ごみごみっとしたキング・フセイン通りが見える。
ホテルからの風景

ホテル1階のレストランで、朝ごはん。ケースの中に卵があったので、
相方の意味不明なジェスチャーでとりあえず注文する。

相方は目玉焼きのつもりだったのが、出てきたのはオムレツらしきもの。
おいしかったので良しとする。
お腹いっぱいになって、出かける。
ホテル内部

金曜は市内の店がほとんど休みということなので、
あいてそうなメリディアン・ホテル(シメサニ地区)に行ってみる。
ここのレンタカーは距離制限なしで一日40JD。ちょっと高いんじゃないかな。

ページトップ

ダウンタウンへ

ということで、ダウンタウンへ。
相方は歩いていくつもりの相方。途中まで私も上機嫌で写真など撮りながら歩く。
普通の家でも国旗が掲げてある。愛国心というものか。
ヨルダン国旗

建設中のツインタワー(勝手に仮称)が遠くに見える。
ツインタワー

エッフェル塔発見。ひと頃、テレビのアンテナを競うのがはやったらしい。
が、衛星の普及で一気にすたれたとか。
エッフェル塔

徐々に歩き疲れて無言になる。タクシーに切り替える。
急な下り坂、急カーブの連続。しかも飛ばす。事故に遭わないのが不思議。

そしてタクシーを降りた所はDVDショップの前。
『1枚1JD、5枚購入で1枚オマケ』に目を輝かせる相方。
どーみても海賊版っぽいんだけど。。。知らんよ。

アンマンで一番古い家。『OPEN TO VISITORS』と書いてあるけど、金曜だから休み。
the oldest house

礼拝を呼びかける声が鳴り響き、街が閑散となる。
珍しい、車が一台も走ってないダウンタウン!!
礼拝中のダウンタウン

すでに顔馴染みになった両替所は営業中だったので、両替する。
この日のレートは、1ユーロ=0,9025・・・ユーロ下がりっぱなし。
初日の空港で見たレートが一番よかったらしい。そんなことって、あるわけ?

ページトップ

ローマ劇場

観光客らしく、2世紀に建設されたローマ劇場を見学に行く。
・・・が、劇場近くの路上にコイン売りのおじさん達が。
夢中になってコインをあさる相方。

結局1時間近くかけてアンティークコイン数枚を手に、喜ぶ相方。
今朝一番の客に気をよくしたおじさんが、コーヒーをごちそうしてくれる。

ローマ劇場到着。入場券売り場横にトイレがある。
1人250FILSと言われたが、相方が「100」という声を聞きつける。
が、めんどくさいので素直に250払う。
劇場入り口脇の列柱

入場料1JD払って劇場内へ。でっかいぞ。
ローマ劇場下から

おいしいものは、最後に。ということで、先にヨルダン伝統文化博物館に入る。
パレスチナ刺繍の民族衣装。一口にパレスチナ刺繍と言っても、
地域によって刺繍の模様が違うらしい。
民族衣装

刺繍拡大写真。精密この上なし。もちろん全部ハンドメイドだそうだ。
刺繍

他にも地元の道具などいろいろあり。モザイク画もありました。
モザイク

このニワトリなんか、いきいきしてて古代に作られたとは思えない。
ニワトリのモザイク

どちらも見ごたえのある、興味深い博物館でした。

劇場向かって反対側のヨルダン民俗博物館に入る。
ヨルダン人の部屋を再現したものか?寄木細工はダマスカスでは??
部屋再現

あ、こっちはベドウィンかな。
ベドウィン?

花嫁行列らしい。ラクダの目が怖い。
花嫁行列?

観客席に登る。予想以上に高い。勾配が急。
高所恐怖症気味の私には、ちょっとかなり怖い!!
昔の人たち、こんなところで観劇なんて楽しめたんでしょうか。
私には、無理・・・
劇場上から

はるか向こうの丘の上には、ヘラクレス神殿の柱が見えます。あの辺りにアンマン城があるはず。
かつてはあそこからこの劇場まで続く階段があったそう。
神殿跡を望む

ページトップ

昼ごはん

ローマ劇場を出てダウンタウンへ向かう。途中にニンファエウム発見。
191年に建てられた噴水だそう。でも、金網に囲まれて、入れません。。
ニンファエウム

このすぐ近くの路上で、大きい古着市をやってました。
シャツ4枚で1JDだって。安い!
でも、お腹を満たしてからゆっくり見ることに。

しかし金曜のせいか、開いてるレストラン見つからず・・
やっとのことで煙をもうもうと吐き出しているレストラン発見。
もうもうレストラン

外見と違い、2階に上がるとモダーンな感じ。
メニューの写真からチキンのローストと麦っていうのを注文。
私メニュー

相方はお約束のホムスとチキンとコーラ。
味は、まぁまぁでした。
相方メニュー

ページトップ

アンマン大学へ

食べた後、相方が大学時代お世話になった人に会いたいということで、
タクシーに乗ってヨルダン大学近くへ。
3JDくらいだったかな。相方はタクシー代があがったと憤っておりました。

でも、行ってみたら恩人不在・・付近を歩いてみる。そして、さすがは学生街。
ファストフードも多いけど、マックとバーガーキングのアラビア語バージョンに感激!
しかもこのドライブスルー、何かおかしくないか?
アラブのマック

相方が昔住んでいた家。こんなところに一人で住んでいたそうだ。
今のアパートはさぞかし窮屈に違いない。
昔の我が家

ホテルに戻る途中、シメサニのスーパーSAFEWAYへ。
アメリカのスーパーみたい。でもここに酒はない。
セイフウェイ

酒のためにスーパーをはしご。途中でレンタカー屋を見つける。
聞いてみると、ミツビシで距離制限なし、30JD/日ですって。悪くないじゃない。
翌朝また来ることに。

小さいスーパーに立ち寄ってアラク購入。
グラスもついて、お得でした。ホテルに戻って並べてみる。
アラク

ホテルで、結婚祝いをくれた人たちにひたすらポストカードを書く。
(一応新婚旅行ですから)
気がついたら19時になっていたので、夕食に出かける。

ページトップ

晩ご飯

またシメサニに戻る。今夜はメキシカンじゃ!
CHILI HOUSEを試してみる。
チリハウス

私の頼んだ何とかスパゲティ。全然辛くない。味もいまひとつ。残念でした。
何とかスパ

歩いてホテルまで帰る。
翌日の荷物の準備をして、テレビの洋画をみて、就寝。

ページトップ 7日目 HOME 9日目

Copyright (C) 2008 ヨルダン・シリアの世界遺産を巡る旅. All Rights Reserved.