×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1日目、パリ出発

シャルル・ドゴール空港 機内その1 イスタンブール空港 機内その2 アンマン着、ホテルへ

シャルル・ドゴール空港

飛行機は17h50発。電車でのんびりとシャルル・ドゴール(CDG)空港へ向かう。

荷物を預けて搭乗手続きをとり、妙にはしゃいで空港内通路で1枚。
久しぶりのCDG1。
CDG空港

搭乗口に着いたはいいものの、思わぬ遅れ。
1時間ほど・・ということで、とりあえず時間をつぶす。
イスタンブールでの乗換が不安なので聞いてみたら、20分もあれば大丈夫だとのこと。
ほっとして、相方はなぜかそこにあったマッサージ器を試してました。
効果はいまひとつだったらしい・・・(ちなみに一回2ユーロ)

ゲームをして遊んでる人もいる。いい大人が〜(ほんとは自分も遊びたい)ゲームで遊ぶ人たち

空港の雑誌まで置いてある。
こんないい紙使ってこんなの作るくらいなら、空港税下げようよ。。。
雑誌

ページトップ

パリ〜イスタンブール間機内

30分ほどで飛行機到着、乗り込む。
緊急時の避難説明、画面のCGお姉さんがアラブ顔で、実感がわいてくる。

何とはなしにテーブルを開くと、ガ、ガムー!ぎょえーと思っていると、
隣のおじさんが「Bon appetit!」ボナペティって・・じ、、と喉まで出かかるが、やめておく。
ガム

機内食。酒も飲める。
機内食

ページトップ

イスタンブール空港

パリ発が遅れたせいで、ひたすら急ぐ。
免税店ひやかす時間もなく、くやしいので1枚だけ写真を撮る。
イスタンブール空港

ここではパスポートチェックはなし。
荷物検査だけ受けて、とっとと乗り込む。

イスタンブール〜アンマン間機内

空の上で、今度はメニューが配られる。
トルコ語、わからん。
メニュー

今晩2回目の夕食。今回の方がおいしい。前回ちゃんと食べてしまったのを悔やむ。
メニュー

眠くないので「地球の歩き方」を読んで、予習。

ページトップ

アンマン着、ホテルへ

クイーン・アリア空港到着。
とりあえずユーロからヨルダンディナール(JD)に両替。1ユーロ=0,950JD。

入国審査。フランス人の相方は10JD支払ってビザ取得。
「地球の歩き方」に『日本人はビザ取得無料』と書いてあるのを信用しない相方。
実際、行ってみたらそれも真実ではなく、
「ヤバーニー(日本人)、ヴィザ、ノー!」、ビザ自体必要ないらしい。
「びばジャパニーズ!」と無意味にガッツポーズ、知らないアラブ人に笑われる。
そのまま出国スタンプをもらって出る。

アンマンに着いたのは夜中。それでも出迎えやなんかで人はたくさんいる。
翌朝のために水を買う。500mlで1JD。ボトルには250filsと書いてある。。。

タクシー交渉は「地球の歩き方・タクシー料金の目安(8〜16JD)」を参考にしてみた。
「ナインティーディナーる」と聞こえたが、無視。
相方が、アラビア語で交渉する。アンマン市内まで19JD。(あとで1JDチップあげた)

視界がまったくない濃霧の中、タクシー運チャン飛ばす飛ばす。
ハザードランプ点滅、前の車にパッシング、クラクション鳴らしまくり。
一体何キロ出てるのかと思って覗いてみると、スピードメーター故障か、0のまま…

そうこうするうちにジャバル・アンマン地区のシェパード(?)ホテル到着。
ここだけは事前に予約してあった。
メニュー

中はまぁまぁ清潔。ボックスティッシュがアラビア語で書いてある。当たり前だけど。
メニュー

でも、下がディスコ(?)になっているらしく、3時ごろまでうるさい。

ページトップ HOME 2日目

Copyright (C) 2008 ヨルダン・シリアの世界遺産を巡る旅. All Rights Reserved.