×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2日目、アンマン→ダマスカス

アンマン散策 ダマスカスへ出発 国境 ダマスカス到着 ダマスカスの夜 アル・エズ・レストランで晩ご飯

アンマン散策

昨日は見えなかったけど、ホテルのすぐ近くにモスクが。
朝5時ごろ、相当うるさかった(らしい)。
ホテルの窓から

少し歩くと、イラク大使館が。かわいい。
イラク大使館

アンマンは坂が多い。細くて長い階段が、至るところに。
建物のデザインまるで無視した番地表示、アラブらしい(?)現実主義な感じ。
アンマン市街

ダウンタウンで両替する。レートは昨日の空港より悪い。1ユーロ0.920JD。
シリアでのレートより、ヨルダンで替えたほうがレートがいいらしいので、
シリアン・パウンドにも替えておく。

ダマスカス行きセルビスをつかまえに行った、キング・フセイン通り。
キング・アブドゥッラー・モスク(ブルー・モスク)の向かいに、教会が。
オーソドックス派?らしい。なぜだかうれしくなる。平和ってすばらしい。
モスクと教会

そして通称ブルー・モスク、正面入り口。きれい。
ブルーモスク

歩きつかれた頃に、ホテルのすぐ近くの小さな食堂みたいなところで昼ごはん。
丸いボールみたいのがファラフェル、左側のはソースと、真ん中がホムス。
パンとコーラもつけて二人で1.600JD。300円くらい?おいしかった。 昼ごはん

ページトップ

ダマスカスへ出発!

ホテルに戻って荷物を持ち、タクシーでキング・フセイン通りに戻る。
通りの向こう側が、私たちがお世話になったセルビス会社。
キングフセイン通り

セルビスは、基本的に4人そろったら出発するらしい。
1人11JDで話がつくも、2人だけでは出発できないということで
お茶をごちそうになりつつ、20分ほど待合室で待つ。
セルビス待合所

待てど暮らせどダマスへ行きたい人が来ない。
11JD余分に払えば二人だけでも出発できることに。ほいほい払う。
13:50、ようやく出発。
この車にお世話になりました

アンマンをでて、しばらく走ると砂漠になる。
芋をたくさん積んだトラックが、疾走している。
芋と砂漠

国境まで41キロの地点で、セルビス運転手がこんな店に立ち寄って買い物。
ダマスにないものを、ここで買っていくらしい。さすが現実主義
なんとか商店

ページトップ

国境

15:05、ヨルダン側国境到着。ここから先は、写真撮影禁止。
でも、警備の兵隊さんは親切そうでした。
ヨルダン国境

出国手続きは、私たちみたいな観光客+運転手っていう人たちが多い。
今回、入国後48時間以内なのでトランジットとみなされるので、
出国税10JDは払わなくていいらしい。

また車に乗り、今度はシリア側で入国手続き。
ビザがあるので問題なし、入国カードにスタンプを押してもらって終了。

15:40、シリア国境出発。既に日が暮れかかっておる。
シリアの夕日

しばらく走り、道端に立ってる人がいるから何かと思ったら、何と運転手交代。
意味がわからない。

ページトップ

ダマスカス到着

タクシーがたくさん停まっているところで降ろされる。
ダマスカス到着らしい。ここがガラージュ・バラムケか?
レース鳩らしき鳥の群れ。シリアでもやってる人いるのね。
はとぽっぽ

ここでタクシーに乗り、「地球の歩き方」に載ってた安宿まで連れて行ってもらう。
運転手のおっさん、メーター使わない。言っても使わない。
値段聞いたら「300SP(シリアン・パウンド)」だって。
「地球〜」には「目安:25SP」って書いてあるんだけど?

ホテルの近くに到着。150SP渡す相方に、不満気な運転手。私も不満

「地球〜」の安宿に載っている「アル・ラビ・ホテル」に行ってみる。
本にはダブルで『700〜1200SP』と書いてあるのに、行ってみたら1500SP。
ハイシーズンでもないはずですけど?
その他の記載されてる安宿も同じく、部屋がないか異常に高い。
普通に、書いてある値段の倍以上。おーーーい
物価がハイペースで上がっているのか、それとも「地球の歩き方」のデータが古いのか・・・

疲れたし、荷物も重いし、だからといってまだまだ旅の二日目、
贅沢はできんと入ったこの安宿。4階までひたすら階段を上る。
一泊650SP。トイレシャワー共同、温シャワーは100SP追加。
値段表が貼ってあり「350SP」などと書いてあるが、1997年のもの…
アル・リダ・ホテル

そして、部屋の中はこんな感じ。鍵はない。
コントに使えそうな、ガムテープ付きテレビあり。
アル・リダ・ホテル寝室

そして、極めつけ、共同トイレ。
なんとトルコ式ーーーーーひいばあちゃんちのお便所の、懐かしいかほりがする。
それにしても、こんな遠いところで同じかほりなんて、不思議。
アル・リダ・ホテルトイレ

ページトップ

ダマスカスの夜

あのホテルにいてもしょーがないので、ダマスカス散策。
城砦?
城砦

その隣には、アサド・シリア大統領。シリアを信じているらしい。
この横からスークに入る。写真、載せてもいいのかな。
アサド大統領

スークに入ったところ。いろんな店があって、おもしろい。
スーク

アイスを買ってみた。
店のお兄さん、手袋付けた手で盛り、ピスタチオをつけてくれる。
お金の受け渡しする人は別。ほっ。
意外と甘さ控えめでおいしい。
アイス

何やら飲み物を売ってるお兄さん。重そう。
飲み物売りのお兄さん

スークのなかをひたすら歩くと、遺跡らしきものに遭遇。
奥はウマイヤド・モスクだった。
今日は時間が遅いので、後日また来ることに。
モスク入り口

ウマイヤド・モスクの周りを歩いてみる。
ウマイヤド・モスク

色砂でボトルの中に模様を作っていく。超早業、見てる分には簡単そう。
砂絵ボトル

この隣には、米粒に名前を書いてくれるお兄さん。
キーホルダー、携帯ストラップ、ネックレスなどにしてくれます。
米文字

せっかくなので、お土産にひとつ書いてもらいました。
表にはアルファベット、裏にはアラビア文字。ほんとちっちゃい。
米文字

ページトップ

アル・エズ・レストランで晩ご飯

晩ご飯は、相方が昔来たことのあるというレストラン。
「地球の歩き方」にも載ってた生バンドが聞けるという「アル・エズ・レストラン」。
ウマイヤド・モスクからひとつ手前の通り。
アル・エズ

残念ながら、バンドの始まる22時は予約で入れないそう。
普通に食事だけ楽しむ
アル・エズ・ステージ

この箱の裏がメニューになっている。が、アラビア語で、読めない・・・
ウェイターのお兄さんが英語で説明してくれる。
この箱、中身は実はティッシュ。頼んだら貰える。後でかなり助かった。
アル・エズ・メニュー

注文した料理。緑色の液体は、フレッシュレモンジュース。うまい。
ジュースの奥の料理が気に入った。が、名前が難しい。
ウェイターのお兄さんに何回も教えてもらったが、覚えられず…
ナス、ピーマン、トマトとざくろとか入ってた。と思う。
あとはムトンとチキンのローストしたやつ。
アル・エズ飯

食後、シーシャ(アルギレ・水タバコ)を吸う。専門のお兄さん。
このお店、お腹いっぱい食べて、水タバコも吸って、900SP。2000円くらい?
アル・エズ・アルギレ

帰り道、ヒジャーズ駅前を通りかかる。
ヒジャーズ駅

駅の前には機関車が飾ってあった。新橋駅か?
ヒジャーズ駅前

駅としては機能していないらしい。中では本を売ってた。
ガラスの向こう側はカフェらしく、男性がゲームをしていた。
ヒジャーズ駅内部

そして、ホテルに戻って、顔と足だけ洗って、寝る。

ページトップ 1日目 HOME 3日目

Copyright (C) 2008 ヨルダン・シリアの世界遺産を巡る旅. All Rights Reserved.