×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

旅の準備と服装

この旅行にどうしても必要なもの、持っててよかったなぁというものと、
持っていかなかったことを後悔したものなどのメモ。

絶対必要なもの

【シリア観光ビザ】
パリのシリア大使館で、申請して受け取るまで2週間かかった。
日本人は29ユーロ、フランス人は42ユーロ。なぜか日本人がお得。
「マルチプル」は半年間有効なので、また行くってことも可能。

【残り期間が半年以上のパスポート】
残存期間っていうのが、意外と曲者なんですわ・・・

【長袖・長ズボンの服】
単に夜は結構冷えるというのと、暑かろうと夏だろうと肌は隠した方がいいらしい。
紫外線対策のためなんだけど、常にカバーしている日本人女性は現地の人の評判はいい。
(理由はそれだけじゃないんだろうけど、でもほめられた。
同様の理由でイタリア人フランス人系の評判は悪い)

【日焼け止め】
日焼けしてアラブ人と間違えられた相方と同レベルってことになりかねない。
そうでなくても紫外線はかなり強い。

【現金】
別にユーロとかドルじゃなくてもいいんだろうけど。
VISAマークがついてても外国のカードが使えないATM多数(特にシリア)。
いずれにしても毎回手数料とられるみたいだし、最初から現金持ってた方が、楽。

持っていってよかったもの

【ヨーロッパ対応変圧器】
日本で買ったデジカメのために。
フランスで使ってるものだけど、ヨルダンでもシリアでも問題なく使える。
さすがは元宗主国。

【つば広帽子】
日焼け止めを2時間おきに塗り直しても、増え続けたそばかす。
最初からずっとかぶってればよかったー・・・

【小銭入れ2,3個】
複数の通貨を持ち歩くことになるので、小分けにしておいた方が便利。
小物入れとしても活用できる。

【バスタオル】
毎回タオルのあるホテルに泊まれる人には関係ない話ですけど。

【薄手の服、靴下、その他衣類】
意外なことに、小さなものでも洗ったらなかなか乾かない。
化繊の安っぽいのがおりこうさん♪

持ってかなくて後悔したもの

【ビーチサンダル】
安宿に泊まるなら必須アイテム。なぜか毎回忘れ、毎回買う羽目に。
おかげで家にはビーサンばかりが増えていく(だって捨てるのは気が引ける)

Copyright (C) 2008 ヨルダン・シリアの世界遺産を巡る旅. All Rights Reserved.